講演会

一日体験入学

よくあるご質問

滋賀県歯科医師会

卒業生の声

自分をみつめる。未来をみつめる。

学生ひとりひとりに適切なアドバイスと豊富なデータを把握し、その知識と技能を生かすために全面的にバックアップする就職指導体制をとり、歯科診療所、病院、歯科技工所、歯科器材メーカー、教育・研究機関などへ常に100%近くの就職率を誇っています。

中野 佳奈医療法人むらお矯正歯科クリニック 勤務

メッセージ

今の仕事との出会い・きっかけ

高校時代は美術部で造形を学んでいました。デッサンや彫刻をしてモノを創ることが楽しく「将来はアートじゃなく、この技術を活かして誰かに喜んでもらえる仕事に就きたい」と考えていました。そんな時、高校の先生に薦められたのが「滋賀県歯科技工士専門学校」歯科技工士という職業自体初めて知りましたが、人間にとって大事な”歯”に関わり、技術力を常に高めることができることに興味を持ちました。入学してからは少人数制の為、先生とマンツーマンに近い状態で親身になって教えていただけ、プロとしての力を在学中に身に着けることができました。特に実習で身に着けた技術はすぐに仕事で行かせたのは良かったですね。

この仕事の魅力・やりがい

私が働いている「むらお矯正歯科クリニック」は、歯並びをきれいに整える歯列矯正をメインにしています。専門的な技術とノウハウがあることから、毎日多くの患者様が訪れ、私も歯科技工士として歯型作りや矯正装置の製作まで、責任のある仕事を任されています。
歯列矯正は歯並びを美しくするだけでなく、噛み合わせをよくすることにもつながるので「やりがい」も大きいですね。
直接患者様と接することはありませんが、歯型作りの中で矯正前と途中経過、最終段階と歯並びがどんどんきれいなカタチになっていくのを見るのは密かな楽しみ。
私もその人の役に立っていると実感できる瞬間です!!

後輩への応援・アドバイス

これから歯科技工士を目指す皆さんに伝えたいのは、「モノづくりが好きな人」「一生役に立つ技術を身に着け活躍したい人」がこの仕事に向いているということ。毎日同じことの繰り返しではなく、一人ひとり違う患者様の”歯”に向き合って自分の技術力を最大限発揮して良い歯型、歯を作る。そうした歯科医療を通じて人の役に立つという大きな達成感も得られます。

プロフィール

高橋 司アイボリーラボ勤務

メッセージ

この仕事の魅力・やりがい
滋賀県内にある歯科技工所「アイボリーラボ」で、歯科技工士として働いています。むし歯やケガなどで、歯の一部や全部がなくなってしまった場合に着けるつめ物やかぶせ物、矯正装置など、口の中に装着する物をつくるのが、歯科技工士の仕事。患者さんの口の中に入るものなので、たった一つでもミスは許されません。自分の技術が問われるため大きな責任を感じますが、手をかけた分だけ良いモノができるので、やりがいも大きいです!



私の学生時代!

もともと細かい作業は好きで、趣味で木工やプラモデル作りをしていました。手先は器用な方だと思っていましたが、入学してみると自分より上手に作れる人はたくさんいて…。でも、器用だから上手に作れるかというとそうではなく、「努力しだいでどんどん上達するのが歯科技工」なんです。実技の授業では、先生の実演を見ながらポイントをメモし、それに沿って製作していきますが、わからないところや難しい部分はすぐに質問でき、丁寧に教えてもらえました。先生からはたくさんのアドバイスとともにほめられることもあり、それがやる気のもとになったかも。技工所経験者の先生も多く、現場の情報をたくさん聞けたことも大きなメリットでした。



これからかなえたい夢・目標
ラボ内では、保険適用内で製作できる技工物の他、よりリアルな色・質感の歯や、金属以外の素材を使って目立たないつめ物・かぶせ物を製作しています。これらは保険適用外のため、患者さんに全額を負担してもらうことになり、割高になります。その分、よりクオリティが高くキレイな技工物をつくることができるんですね。僕は入社してからのキャリアがまだ浅いため、保険適用のものを担当していますが、いずれはこうした技工物を製作したい。「高橋に任せれば大丈夫!」と言ってもらえるよう、技術と作業スピードをもっと高めたいです。将来は、歯科技工士として会社に貢献し、一緒に会社を大きくしていけたらと思っています。

プロフィール

アイボリーラボ勤務/ 2014年3月卒/滋賀県立堅田高校出身。高校時代、歯科技工士をめざす同級生に「一緒に歯科技工士をめざさないか」と誘われたことがきっかけに。卒業後、新卒として入社。現在は主に歯冠修復のための技工物製作を担当し、空き時間を利用してさらなる技術の習得にも励んでいる。「歯科技工士に向いているのは、任せられた仕事をしっかりと最後までやりとげられる人。努力すればするほど技術が身につく世界なので、学校でもどんどんモノを作って先生に見てもらうのが上達の近道です」

中村 一也中村総研デンタルケア株式会社

メッセージ

歯科技工士とは、私にとって
自分を表現できる唯一の手段であり、
患者様の笑顔を創り、
人をしあわせにすることができる。
この仕事の素晴らしさを皆にお伝えしたい。

患者様の笑顔を直接創ることができるしごと。
コツコツと夢中になれるしごと。
情熱をかけることができるしごと。

無我夢中で、24歳の時に、歯科技工所を独立・開業
最先端の技術を身につけるために
毎週土日は、夜行バスで、東京のセミナーに向かった。

直接患者様から、最高の笑顔で、
「かみ合わせが、治った。きれいにしていただいて、ありがとうございます。」
と言われた。

人が喜んでくださるしごと。
やっていてよかったと強く思うしごと。

このしごとに「誇り」と「しあわせ」を感じる。

これからの夢は、若手の歯科技工士を育て、明るく輝く未来の技工士界を
共に創っていくことです。

プロフィール

施設画像1

中村総研デンタルケア株式会社 代表取締役/1984年3月卒/滋賀県立八日市高校出身/

中村総研デンタルケア株式会社
滋賀県東近江市市辺町2396