講演会

一日体験入学

よくあるご質問

滋賀県歯科医師会

奨学金制度

滋賀県歯科技工士専門学校では、日本学生支援機構の奨学金をご利用いただけます。

特待生制度

学業、人物面ともに優れ、入学後は他の学生の模範となり、 卒業後は専門知識・技術を活かし、社会に貢献することが期待される人に対し学費を減免する制度です。 出身高等学校の調査書及び面接により判定いたします。

POINT

1.最大、初年度授業料200,000円減免(後学期授業料がこれに該当します)
2.調査書及び面接にて判定いたします。
3.返済不要

特典A/授業料200,000円減免
B/授業料150,000円減免
C/授業料100,000円減免
D/授業料 50,000円減免
応募資格本校専願で下記の(1)〜(3)のすべてを満たす者

(1)平成28年3月高等学校卒業見込みの者
(2)AO入学を認められた人で、特待生制度を希望する者
(3)評定平均値がC段階以上の者
受付期間平成27年12月25日(金)〜平成28年1月13日(水)
試験日平成28年1月17日(日)

日本学生支援機構 第一種奨学金

日本学生支援機構奨学金は、優れた学生で経済的理由により修学に困難がある方に対し、教育の機会均等に寄与するために学費の貸与、その他学生の修学の援助を行う制度です。

対象学習意欲があり、経済的な理由により修学が困難な者(募集人数制限あり)
募集時間高校3年生の春(予約採用)もしくは入学後4月(在学採用)



進学前の申込
(予約採用方式)
高等学校1年次から申込時までの成績の平均値が3.5以上

申込みは進学予定の前年に在学している学校(高等学校)を通じて行われます。進学前に内定がわかるので安心して進学できるのと早期に貸与されるメリットがあります。(高等学校等を卒業後2年以内の人も出身校で予約ができます)
在学採用@高等学校最終2ヵ年の成績の平均が3.2以上
A高等学校卒業程度認定試験合格者で上記@に準ずると在学学校長から認められる者
家計の基準(4人世帯)● 給与所得者
【自宅通学者】929万円以内 【自宅外通学者】968万円以内
※予約採用の場合・・・846万円以下

● 給与以外所得者
【自宅通学者】443万円以内 【自宅外通学者】482万円以内
※予約採用の場合・・・369万円以下

※但し、世帯人員により異なる
募集人数学校全体で14,625名(予定)
手続方法入学後、奨学金説明会開催時に申込み用紙を配布
種類貸与
貸与月額【自宅通学】 月額53,000円、30,000円から選択
【自宅外】 月額60,000円、30,000円から選択
利息無利子
返還方法11〜15年(返還期間は貸与学年数による)で月賦又は半年賦併用

注1)学力・家計の基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されない場合もあります。
注2)給与所得者とは源泉徴収票の支払金額(税込み)、給与以外所得者とは確定申告書等の所得金額(税込み)
注3)毎月の返還額及び返還期間は、貸与を受けた金額によって定められます。

日本学生支援機構 第二種奨学金

日本学生支援機構奨学金は、優れた学生で経済的理由により修学に困難がある方に対し、国家及び社会に有為な人材の育成に資するとともに、教育の機会均等に寄与することを目的としている制度です。

対象学習意欲があり、経済的な理由により修学が困難な者(募集人数制限あり)
募集時間高校3年生の春(予約採用)もしくは入学後4月(在学採用)



進学前の申込
(予約採用方式)
@ 高等学校における成績が、当該学校(または出身校)の属する学年の平均水準以上と認められる者
A 特定の分野において特に優れた資質を有すると認められる者
B 学修に意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
C 高等学校卒業程度認定試験合格者及び合格見込みの人は上記に準ずると認められる者
@〜Cのいずれかに該当する方
在学採用@ 出身学校で学業成績が平均水準以上と認められる者
A 特定の分野で特に優れた資質を有すると認められる者
B 学修意欲があり、学業を確実に修了できる見込みがあると認められる者
C 高等学校卒業程度認定試験もしくは大学入学検定試験の合格者及び合格見込みの人は上記に準ずると認められる者
@〜Cのいずれかに該当する方
家計の基準(4人世帯)●給与所得者
【自宅通学者】1,181万円以内
【自宅外通学者】1,220万円以内
※予約採用の場合…1,171万円以下

●給与以外所得者
【自宅通学者】695万円以内
【自宅外通学者】734万円以内
※予約採用の場合…685万円以下

※但し、世帯人員により異なる
募集人数学校全体で84,584名(予定)
手続方法入学後、奨学金説明会開催時に申込み用紙を配布
種類貸与
貸与月額30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、120,000円から希望月額を選択
利息有利子(上限3%で変動)
返還方法貸与終了後、(卒業6ヶ月より)月賦、半年賦・月賦併用のいずれかにより返済。
在学中は無利子、卒業後は年3%を上限とする利息つき。

注1) 学力・家計の基準を満たしていても、その年度の予算の範囲内で採用を行うため、採用されない場合もあります。
注2) 給与所得者とは源泉徴収票の支払金額(税込み)、給与以外所得者とは確定申告書等の所得金額(税込み)
注3) 毎月の返還額及び返還期間は、貸与を受けた金額によって定められます。

● 日本学生支援機構奨学金は、成績良好で経済的理由により学費が足りない学生の希望者の中から
   最終的に「日本学生支援機構」で選考したのち、採用決定者に奨学金が貸与されます。

● 申込手続き等の方法については、入学後、対象者にお知らせします。

● 奨学生の決定は、6月〜7月頃になります。


詳細は「日本学生支援機構HP」をご覧ください。
独立行政法人日本学生支援機構 http://www.jasso.go.jp/