講演会

一日体験入学

よくあるご質問

滋賀県歯科医師会

カリキュラム

ひとりひとりの個性を大切にしたい だから、ふれあいを大切にしたマンツーマン教育

実践中心の授業 技術の向上が基本 授業の4分の3が実技

講義と実習をうまく組み合わせたカリキュラム

講義と実習をうまく組み合わせたカリキュラム

法令で定められている授業時間数2,200時間のうち、実習が3/4時間数〜(約1,600時間)をしめています。歯科理工学、歯の解剖学の基礎的な実習から、有床義歯技工学、歯冠修復技工学といった歯科技工物(義歯、歯冠補綴等)の実践的な実習と様々な科目があります。全体の時間数からみても実習の重要さがうかがわれます。

授業科目一覧

基礎分野

造形美術概論形や色の捉え方、表現の方法
外国語英会話、専門用語

専門基礎分野

歯科技工学概論歯科技工の概念、口腔内の疾患・機能、歯科技工業務を行うための作業環境など
歯科技工関係法規「歯科技工士法」の他、歯科技工士にとって必要な法律について
歯科理工学基礎歯科理工学 歯科で使用される材料について
歯科理工学1 歯科材料の基本的性質と試験法など
歯科理工学2 金属材料の鋳造加工に関する理論
歯の解剖学歯の解剖 歯及び口腔組織の形態・構造
口腔解剖 顔面や顎などの骨、筋肉、神経の形態・構造
顎口腔機能学顎の構造や動きの解析

専門分野

矯正歯科技工学歯科矯正の理論、矯正装置の製作法
有床義歯技工学全部床義歯技工学 総入れ歯に関する理論、製作法
部分床義歯技工学 部分入れ歯に関する理論、製作法
歯冠修復技工学詰め物、差し歯など、金属の歯・セラミックの歯などの製作に必要な知識・技術
小児歯科技工学子供を対象とした歯科治療の知識、技術
歯科技工実習臨床的な歯科技工物の製作

より高度で実践的な理論と技術を修得するために

専攻科について

専攻科を併設

本校では歯科技工士を対象に、より高度でより実践的な技術の指導、第一線で活躍中の講師の講演やテーブルクリニックを取り入れ、最新の技術と知識の吸収をめざして専攻科を併設しています。
又、臨学一体をめざして年間を通じて数多くの臨床模型での実習を行っています。
更にカリキュラムの中に病院見学実習も組み込まれており、歯科技工士という職業が如何に重要な仕事であるか身をもって学ぶことも出来ます。

この様な貴重な体験の出来る専攻科は歯科技工士学校の大学院といえます。